りりららにこにこ日記〜中国株に関する話題を中心に〜

もう早いもので中国株という言葉を聞いてから10年以上、つまみ食いを始めてからもかれこれ8年にもなります。”こつ”をつかむまでの修業時代を経て、数年前からにっこにっこと資産が増えていきました。リーマン危機をもわずかの凹みで乗り切り有頂天ホテルになっていたのがアホだった。2011年度は最大のオオコケをしてしまいました。2012年は、負けない良い子の投資を実践するべく "初心に帰り” 中国株に関する話題を中心にお届けします。
<< 8203のちょっとお勉強です その3 | main | 2337Forte >>
2327JIWABIO
 収益構造はテクの無い汎用の抗生物質が1/3、テクがちとある高粗利益率のジェネリックものが2/3の製品構成です。
 
以下にポイントを列挙
1 ジェネリックものの成長力がすさまじい。主力4製品が対前年比で77、95、127、102%の売上高の伸び
2 上述した1のジェネリックものの期待商品詳細
   07年度売上世界ランキング36位(2、777M$)のハルナール(排尿障害治療薬)
 
         同      53位(2,059M$)のベネット(骨粗しょう症治療薬)
とここまでで、ざっぱに20%の利益成長力を見込んでいます。
 
あとはおまけ。
3 汎用抗生物質は医療改革の恩恵で爆発的な伸びを示すはず。昨年社長の資産注入。それもPER1倍見当のバカ安値で。物流網資産ですねぇ。医療改革で小規模の中間物流は完全に排除されます。(昨年10月に注入したのは大正解)
4 上記3の物流関連の貢献分は前期は半期分のみでしょ。今期は通期貢献。しかも、その伸びは一昨年の(確か)6倍を前下半期でたたき出した。
5 今年販売した絶対に売れるジェネリックもの
   (マーケッティングリサーチから中枢神経系用材のこの製薬のバカ受けは確定です)
     日本売上07年26位(285億円)のラジカット
、、、とおまけが加わりました。
 
そして一発長打
6 還元グルタチオン酸(ここの主力製品で雲南省から表彰されているブランド製品、主用途は中国で膨大な患者を抱える肝炎向け。でも還元グルタチオン酸は若返りの元みたいに種々の用途に使われている) の格安製造方法を香港ベンチャーと開発して今パイロットプラントのスケールアップ終了。工場に製造ラインをおったててる。高分子なので製法は難しく、コストがかるので、これ当たったら着実に数十倍〜数百倍でしょ。
7 うつ病治療薬のシタロプラムのバルクからの一貫製造を1年半後に控える。
 
会社の注目すべき動き
8 バルク製剤から製薬剤生産、国内物流網まで自社での垂直統合
9 ベトナム、タイ、南アメリカなどへの輸出の積極化と先進国への(確かカナダ/北米)への輸出もやる
 
安心感
10 3ヶ月に一回ニュースレターを配信
11 社長がWEBに写真で顔を出す
12 息子は中国の田舎のおぼっちゃんとはチト違って、グローバル経験を持つ
13 特許で6の製法は抑える。また、7の製薬の飲み込みにくい難点を改善したものも特許で抑える。この飲みやすさを個別に取り出して、マレーシアのとある大製薬会社とコンタクト中。
14 去年、本業以外の炭鉱投資ビジネスを売却して本業に集中
15 ボクが上場来ウオッチを続けている
| ririra-rara | 2327 積華生物医薬 | 07:25 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    りりら (01/24)
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    ドラ (01/24)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE