りりららにこにこ日記〜中国株に関する話題を中心に〜

もう早いもので中国株という言葉を聞いてから10年以上、つまみ食いを始めてからもかれこれ8年にもなります。”こつ”をつかむまでの修業時代を経て、数年前からにっこにっこと資産が増えていきました。リーマン危機をもわずかの凹みで乗り切り有頂天ホテルになっていたのがアホだった。2011年度は最大のオオコケをしてしまいました。2012年は、負けない良い子の投資を実践するべく "初心に帰り” 中国株に関する話題を中心にお届けします。
<< 2343 PacificBasinShipping バルチック開運指数とP/B | main | 2327 JIWABIO -Timing for profit jump 続き >>
2327 JIWABIO -Timing for profit jump
SBIE2からのレポです。

今日は還元グルタチオン酸ナトリウムのお話。

還元グルタチオン酸ナトリウムでは、排他的輸入製品“ Gluthion 古拉定” と自社製造品“Song Taisi 松泰斯”を持ち、合わせたマーケットシェアは、29.0%でトップ。売上高の成長余力は強い引合から30.0%+を見込んでいる。

Leader in domestic glutathione product (谷胱甘钛)market. Reduced glutathione sodium for injection (注射用还原型谷胱甘肽钠) is used for treatment of liver impairment of different origins, auxiliary treatment for radiotherapy, hemotherapy, hypoxemia and hepatis disease. Jiwa was the leader in this market, accounting for 29.0% market share in China. It has been the exclusive distributor in China for “ Gluthion 古拉定” reduced glutathione sodium for injection (注射用还原型谷胱甘肽钠) manufactured by Italia Laboratorio Farmaceutico C.T. since 1996.  Jiwa  also  launched its own reduced glutathione sodium  for injection (注射用还原型谷胱甘肽钠)- “ Song Taisi 松泰斯” in 2003. In FY03/09, the sales of “ Gluthion  古拉定” was HK$149.0m and “Song Taisi 松泰斯” was HK$71m., which shows Jiwa‟s capability in handling blockbuster drugs. The sales were affected in 2H 2009 because of the temporary shortage of raw material. The company has expects that two products could keep a 30.0%+ growth in coming years because of its strong demand.  


 
昨年度の2製品の売上高が2.2億HK$、年間売上高が4.7億HK$であるから結構な稼ぎ頭。この自社製造品の格安製造方法を香港ベンチャーと開発して パイロットプラントのスケールアップ終了!、まではフォローしているのですが、その後は音沙汰無いですねぇ。昨年末には製品ローンチって言ってたのですが、、、うーーーん、高分子なので製法は難しく、コス トがかるので、これ当たったらオオバケすると思うんですが、ねぇ。

関連ニュースをピックアップしています。
Jiwa Group Develops Reduced Glutathione in Collaboration with GeneHarbor (Hong Kong) Technologies Limited

In December 2007, Jiwa Group set up a joint venture with GeneHarbor (Hong Kong) Technologies Limited to produce lowcost reduced glutathione. GeneHarbor is a technology company established in 2001 by Professor Wang Jun, an expert in biochemistry at the Chinese University of Hong Kong. Over the years, the Company has been committed to developing a technological platform that reaches world-class advanced levels, possesses independent intellectual property rights and is forward looking.

Reduced glutathione, the product developed jointly by Jiwa Group and GeneHarbor (Hong Kong) Technologies Limited, is one of the Group's best-selling products. Reduced glutathione is an active peptide with important physiological functions and is a major reducing substance inside cells. It can protect the cells from the attack of oxidised radicals, toxic compounds and radiation.

Meanwhile, glutathione is the cofactor of certain enzymes inside cells, and participates in the metabolic cycle inside cells. Therefore, glutathione is widely used for medical purposes in food and cosmetics. Since the product can be used clinically for liver protection, treatment of tumours and oxygen intoxication, prevention of aging and the treatment of diseases such as endocrine disorder, demonstrates high efficacy and has no toxic side effects, it has been widely used in the medical and healthcare product processing industry in countries, such as Japan and Italy in particular.

The Chinese are now seeking improvements in living standards, and have a better understanding of quality of life and an enhanced awareness of healthcare. This has paved the way for reduced glutathione to enter into the medical and healthcare industry as a natural, active antioxidant substance. As an antioxidant, reduced glutathione is increasingly used in the food and pharmaceutical industry.

The PRC is currently one of the countries in which liver diseases have become a serious issue. In remote villages, carriers of the Hepatitis B virus account for more than 30% of the population and the disease seriously affects the physical and psychological well-being of our people. However, glutathione, as a liver protection drug, still cannot be mass-produced in the PRC, resulting in its persistently high price and huge restrictions we face when promoting the product. If, through this joint venture, the Group can grasp the advanced bioengineering technology and mass-producereduced glutathione with a price advantage, and provide pharmaceutical manufacturing plants with the bulk material for liver protection, then we can solve the domestic problem of tight supply of the bulk material, skyrocketing prices and market shortages.

Therefore, the massive production of reduced glutathione at a low cost and in an efficient manner has very important social implications. At present, the annual demand for reduced glutathione reaches at least 30 tons in the PRC and ten times larger in the international medical and healthcare market. Therefore, the successful development of reduced glutathione will bring enormous profits and returns to the Group.

Impressive Progress Reported in the R&D project of Reduced Glutathione
In less than three months after the setting up of the joint venture of GeneHarbor (Hong Kong) Technologies Limited (“GeneHarbor”) and Jiwa Group for the commercialization of the reduced glutathione (GSH) project, rapid progress has been reported. This R&D achievement will eventually lead to a very cost-effective production technology for GSH not achievable by conventional methods. The R&D team is currently conducting process development experiments in preparation of scale-up manufacturing. The JV management is now looking forward to a de facto technology transfer to large scale manufacturing before the end of this year. Upon successful
commercialization, this JV project is expected to confer an unprecedented competitive edge for the Jiwa group in the sales and marketing of this tripeptide in China as well as in the global market.
(newletter 11, Apr 08)

Subsidiary established to manufacture on-patent products
In December 2008, a subsidiary named Yunnan Jiwa Biotech Limited was established in Yunnan by the Group. The company will be engaged in the production, research and development of new biotechnological
products. Its main product is Reduced Glutathione produced by patented technology. The construction of the company’s production facility is now near completion and trial production is expected to commence in
March 2009.
(newletter 14, Jan 09)

BUSINESS REVIEW & PROSPECT 2327-HK  (3) Develop high profit margin products
This year, the Group has set up a joint venture with GeneHarbor, leveraging the technology edges of GeneHarbor and integrating with the capital platform, operating experience, professional management and market advantages of the Company, to jointly develop Reduced Glutathione and a key antibiotics with proprietary intellectual property rights. Up till now, a satisfactory progress is recorded for these two key research projects, it is expected that the Reduced Glutathione will be launched in the market at the end of 2009. The successful research and development of the product will create a series of low-cost and quality products with high competitiveness for the Group. We believe that the product will bring great profits to the shareholders. The market share in China will expand swiftly and it also becomes the pioneer in developing international market.
http://foap.e-finet.com/cgi-bin/PSFunction/ReviewProspect.cgi?Code=2327-HK&Lang=0&userIdentity=

参考:
健康に老いるにはグルタチオン(GSH)
 アミノ酸の1種であるこの坑酸化物質は、これまで触れた他の坑酸化化合物とは異なっています。微量栄養素とも違います。違うという理由は、グルタチオンはわれわれが体内で、すなわち、自分自身の細胞内で作り出すからで、その点でこれはおそらく坑酸化物質あるいは解毒剤として最も重要な働きをすると言って良いでしょう。この生命に関わる重要な化合物をつくるエネルギーは細胞内のミトコンドリアが生み出します。したがって、ミトコンドリアが不具合になればグルタチオンの生産レベルは低下し、細胞自身は活性酸素の攻撃に曝されて死ぬことになります。

 加齢とともにミトコンドリアの活力は低下します。グルタチオンの生産レベルも低下します。活性酸素によってミトコンドリアが受ける被害もしだいに蓄積され、そのエネルギー生産も低下します。そしてグルタチオンがさらに減ることになります。そして、この悪循環が繰り返されます。要するに、これが老化の進行するプロセスなのです。

 グルタチオンの生産レベルは加齢とともに低下するのが一般的ですが、これには例外もあります。そしてそれは特に健康的な高齢者の場合です。このような健康人の場合は、健康であるがために、生物学的に見た加齢が遅いだけでなく、それに加えて、グルタチオンの生産レベル自体をも高く保つという組み合わせ効果があるのです。60才以上の人々33名についての、あるアメリカでの研究によれば、グルタチオンの生産レベルが最も高い人々が最も健康であったと報告されています。血圧もコレステロールも低く、もちろんオーバーウエイトもなく、平均よりもはるかに健康であったと言います。

 これとは全く反対の場合、つまり何らかの慢性疾患の患者、心臓疾患、関節炎、糖尿病などを持つの人々の場合、グルタチオンのレベルが平均値を下回っていたのは当然です。急性呼吸不全のケースではまさに劇的とも言うべきグルタチオン低下が見られ、その場合の死亡率は50%にまで達します。エイズ(後天性免疫不全症候群)及び無症候性HIV(ヒト免疫不全ウイルス感染症)の場合も同じです。

 以上述べたことから見ると、グルタチオンの生産レベルを高く保つのは大変望ましいことに思われます。動物実験の結果もそれを裏付けています。たとえば、蚊を例にしましょう。グルタチオンのレベルを高めると寿命が約40%も延びます。しかもグルタチオンを高めることにはいっさい危険は伴いません。動物実験では、1日に体重1キログラム当たり250ミリグラムを投与してもまったく問題はありません。これをヒトに当てはめると1日当たり約15グラムになります。これまでに行われた臨床研究での投与例は1日当たり300から600ミリグラムですから、ヒトの臨床例は蚊の場合とはとても比較にならないほどの低いレベルです。

 グルタチオンの分子は小さいので、消化管から容易に吸収されますが、吸収されても、その多くは細胞内部にまでは入りません。しかし、細胞の外からでも、細胞表面と相互に作用しあうかたちで積極的に働きます。エンドルフィン受容体を制御することによって免疫システム、性ホルモン生産、認知強化を促進する結果になると考えられてきました。また、グルタチオンは炎症伝達物質のリューコトリエンの生産を抑えることによって関節炎や喘息に好い結果をもたらすと主張する科学者もいます。

 薬物として投与した場合は、グルタチオンは細胞内のグルタチオンのレベルアップにはつながりません。グルタチオンの前駆体であるアミノ酸の1つであるシステイン、あるいはNアセチルシステインは、この点では同じです。多くの製薬会社が化学合成のグルタチオン・エステル等の開発に躍起になっていますが、今のところようやく1社が細胞内グルタチオンのレベルアップに成功しているだけです。

 これに代替する方法としては、システイン前駆体を用いることです。その1つは、通称OTC(L2ーオクソチアゾリデインー4ーカルボキシル酸)と呼ばれますが、これは細胞内に入り込み細胞内のシステインとグルタチオンの生産レベルを上昇させることが可能となり、急性呼吸不全とエイズの臨床テストで好結果を出しています。このOTCは新しい分子で特許になっていますが、いずれ薬品として登場してくると思われます。その登場を待ちきれない、あるいは薬物に頼りたくない場合は、栄養的アプローチしかないわけです。この場合はグルタチオンの前駆体であるシステインか、グルタチオン類似のアルファ・リポ酸、抗酸化物質でありながらかつミトコンドリア応援団でもあるビタミンQ(補酵素Q10)およびベータカロチンなどを組み合わせて使用するのが良いでしょう。
 http://www.univite.co.jp/book1/page34.htm


| ririra-rara | 2327 積華生物医薬 | 15:32 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    りりら (01/24)
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    ドラ (01/24)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE