りりららにこにこ日記〜中国株に関する話題を中心に〜

もう早いもので中国株という言葉を聞いてから10年以上、つまみ食いを始めてからもかれこれ8年にもなります。”こつ”をつかむまでの修業時代を経て、数年前からにっこにっこと資産が増えていきました。リーマン危機をもわずかの凹みで乗り切り有頂天ホテルになっていたのがアホだった。2011年度は最大のオオコケをしてしまいました。2012年は、負けない良い子の投資を実践するべく "初心に帰り” 中国株に関する話題を中心にお届けします。
<< 製造業景気指数が低水準だから何だっちゅうの | main | ウオッチ銘柄- 82 VODone 第一視頻 続き >>
ウオッチ銘柄- 82 VODone 第一視頻
経済回復テンポがスローになってきたのに伴い、過度の引き締めを控えるべきとの見方がマーケットに広がっていますね。温家宝首相からもマクロ経済調整スタンスを引締め一辺倒から改めるようなお話が出ていますね。それで、政策的にがんがん締められていた不動産セクターに狙いを定めるとか、全般安につれ安している消費セクターに狙いを定めるとか、追加支援も期待できるエネルギー関連に狙いを定めるとかいろいろと妄想しています。

82第一視頻は現在ノーポジですが、フォロー証券会社が軒並み強きの予想、政府応援セクターの宝くじ関連と相まって、ウオッチ銘柄筆頭与力のひとつです。

古いレポから順次整理していきたいなぁと思います。

5月3日のBOCレポより
フランステレコムとの提携によりモバイルインターネットコミュニティ ”Linfo” が、(日本の)グリーのように一発オオバケの可能性をしめると。LinfoはGPS機能付きのソフトウェアでユーザーの位置情報を基にさまざまな情報を提供する。VODoneは、マーケットとプラットフォームのオペレーションを主に、フランステレコムはソフトウェア開発にリソースを集中する。Linfoには、既存のモバイルゲームとモバイルロタリーからの誘導によるプロモーションが期待される。モバイルSNSでの成功は、テンセントのモバイルQzoneのような厳しい競争もあるが、独自のプラットフォームと先行社優位性を基に、どこまでユーザーを拡張できるかに注目したいと。


5月3日のEVERBRIGHTレポより(4月30日終値HK$2.82終値ベースにPER算出 [7月5日終値HK$2.25] 、TargetPrice: HK$4.10)

| ririra-rara | 82 第一視頻 | 17:19 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    りりら (01/24)
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    ドラ (01/24)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE