りりららにこにこ日記〜中国株に関する話題を中心に〜

もう早いもので中国株という言葉を聞いてから10年以上、つまみ食いを始めてからもかれこれ8年にもなります。”こつ”をつかむまでの修業時代を経て、数年前からにっこにっこと資産が増えていきました。リーマン危機をもわずかの凹みで乗り切り有頂天ホテルになっていたのがアホだった。2011年度は最大のオオコケをしてしまいました。2012年は、負けない良い子の投資を実践するべく "初心に帰り” 中国株に関する話題を中心にお届けします。
<< ウオッチ銘柄- 82 VODone 第一視頻 | main | 値下げ効果で売れ始めた中国マンションと不動産株バリュエーションの一覧表 >>
ウオッチ銘柄- 82 VODone 第一視頻 続き
6月18日のSWS RESEARCHからのレポです。

■ 我々は、ロタリー産業が今後10年間に渡って年平均成長率27.8%の高成長率をあげると確信している。携帯ロタリーサービスは政府見解からもより有効的技術であるとされる。政府にとって宝くじサービスからの歳入は、不動産市況の軟弱化による税収ダウン、地方財政の規律厳粛化に伴い、ますます重要となっている。

■ 我々は、携帯ロタリーサービスからの個人月間平均消費額(ARPU)を2009年並と控えめに見積もったとしても、2010年の歳入は9倍に達すると予想する。

→ ARPUはHK$5.37、月間平均登録ユーザー数を950万と見積もっています。ARPUが控えめなのはプラスアルファが見込めて良いのですが、登録ユーザー数の妥当性とそこからのアクティブユーザーの見込みの詳細などが記載されていません。こりゃ、要調査ですねぇ。

■ 年初からの種々の携帯メーカー、コンポーネントメーカーとの提携により、この数ヶ月の間に月度600万セットの第一視頻ロタリープログラムがプレインストールされる見込みである (会社からのガイダンスより)。

■ モバイルゲームからの歳入は少なくとも4倍を見込んでいる。
→ 今期はHK$70Mを見込むと。これはモバイルロタリーとのシナジー効果でって一言だけ記載ですなぁ。

■ PCからのオンライン広告収入も、需要回復に伴う成長が期待される。

紙ぺら一枚もののレポですので、数字の根拠が希薄で、なんだか買い煽りむんむんって感じに見えてしようがないですねぇ。でも、ロタリー産業の10年間の年平均成長率が30%近いってお話には (こりゃまたびっくりたまげた数字ですが) 政府の応援がらみですのであながちマユツバものとも言えないんじゃないかしらって思いました、とさ。勉強不足でいけません。他からの長文レポを精読する必要あるよなぁ。



| ririra-rara | 82 第一視頻 | 18:17 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    りりら (01/24)
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    ドラ (01/24)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE