りりららにこにこ日記〜中国株に関する話題を中心に〜

もう早いもので中国株という言葉を聞いてから10年以上、つまみ食いを始めてからもかれこれ8年にもなります。”こつ”をつかむまでの修業時代を経て、数年前からにっこにっこと資産が増えていきました。リーマン危機をもわずかの凹みで乗り切り有頂天ホテルになっていたのがアホだった。2011年度は最大のオオコケをしてしまいました。2012年は、負けない良い子の投資を実践するべく "初心に帰り” 中国株に関する話題を中心にお届けします。
<< 2327 JIWABIO 決算と値動き | main | 中国富裕層向けビジネス >>
2327 JIWABIO 国元香港がカバー
本日も株価は滑っていますが国元証券(香港)よりカバーが入っています。

目新しい所:

決算アナウンスからは輸入製剤の花形エース-還元グルタチオン酸が供給元の在庫不足から延びなかったとのお話。これ単品で、HK$1.22M 売上げたものの、前期比で17.9%こけたのが今ひとつぱっとしないHtoH、しいてはYtoYの原因かな?

このレポでは、その還元グルタチオン酸の自社製造バージョンに関して、原材料の自社工場のGMP認証がこの8月にも取れるとして、今期の切返しは期待できるゾっと。

2013年には売上 10億HK$ を見込んでいると。

以下、ボクの感想です。

さて、ここは主力の輸入製剤をユーロ建てで売っている(だからユーロの売掛金が結構ある)「筈です」ので、ユーロ安はすなおに売上高の縮小につながる。

もちろん、ユーロで仕入れているのだから、為替の影響をミニマム化するためにユーロ建て買掛金で調整しているのですが、そりゃ、仕入れ値よりも売値の方が高いのに決まっている訳だから、「ユーロ売掛金」-「ユーロ買掛金」が結構な金額になる。これは年次報告書を見れば期末時点での残高が分かるので要確認。但し、お客様の立場からしてみれば安い値段で同じ製品が手に入る訳だから、おいしい製品って事。つまりは、良く売れるって事になるんじゃないの?ところが、在庫切れ、、、

本来ならば販売のボリューム効果で安くなった分を補填しておつりがくるっていうパターンだったの、かも。


還元グルタチオン酸は、自社製品が輸入製品のプライスダウンに引っ張られて利益率が滑っていると思うな。SBIE2レポからも主力は輸入ものです。自社製品のコスト競争力をつける事-それは原材料の自社化であり(本レポよりこの8月にGMP認証)、GENE Harborプロジェクトなんだと思うんだけれども。

この音沙汰無いGENE Harborプロジェクト、、、どんな進捗具合なんだろう?
| ririra-rara | 2327 積華生物医薬 | 19:37 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ LINKS




+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    りりら (01/24)
  • 新年快楽 今年は中国株で損しない事を目標に意識を集中しましょ
    ドラ (01/24)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE